悪玉菌とはなんでしょうか?

悪玉菌について知っていますか?よくテレビコマーシャルや広告で善玉菌類配合の商品や、サプリメントなどは見かけますよね?
名前からしてもなんとなく体にいいもの、必要なものなのかな、という認識は誰しもが持っていると思います。
そしてその逆の悪玉菌に対しては、《悪》という漢字がついているので体に悪そうなイメージがあります。
しかし《悪玉菌》がどういった悪い働きをするのか、というのはよく分からなかったりしませんか?
悪玉菌が体に及ぼす悪影響として、腸内細菌で悪い物質を作り、腸壁を傷つけ癌やポリープの元を作ることもあります。
腸内環境のバランスが悪く、菌が増えすぎると肌荒れやニキビ、おならが臭くなったり便秘が起こり、免疫機能の低下からアレルギー症状の悪化、体の倦怠感など様々な悪影響がでます。
また肝臓にダメージを与え、肝機能が低下すると悪い物質が体中を廻ってしまい、生活習慣病や老化を早めたりします。
悪玉菌をへらして善玉菌を増やそう!!善玉菌とは乳酸菌、納豆菌、酵母菌、麹菌など健康や生きるのに必要な物質です。
この善玉菌を増やすには、乳酸菌や食物繊維をたくさん含んだ食事、乳酸菌のサプリメントやストレスをためない生活、適度な運動、睡眠など心身共に健康的な生活を送ることが重要です。

 

 

大腸にいる悪玉菌ってそもそも何?

「悪玉菌」というのは大腸に住む常在菌のことであり、代表的なものとしてはウェルシュ菌が挙げられます。
ウェルシュ菌はクロストリジウム属に分類されるのことで、河川や下水、海、土壌といった水中にもいる、珍しくともなんともない菌です。
この菌を人が食べてしまうと、食中毒や出血性腸炎といった病気を引き起こすため、無害か有害かで言えば間違いなく有害と言って良いでしょう。
ただ大腸の中にこうした悪玉菌がいるということで、「どうにかして殺菌をしないと」と考えるのは間違いです。
というのも悪玉菌というのは、確かに人体への害も持っているのですが、大腸の中にないと困る存在でもあるのです。
特にウェルシュ菌は、肉類のタンパク質を分解して栄養素の吸収が出来るようにしてくれる役割を有しています。
もし大腸からウェルシュ菌がいなくなってしまったすると、その人の体は肉類を食べても全く栄養が吸収できなくなってしまうでしょう。
そのため、いなくなってしまっては困るのです。
ただ過剰に増えると体調を崩してしまうというのも事実ですから、考えるべきは悪玉菌をどうやって大腸からなくすかではなく、どうやって悪玉菌の量のバランスを取るかです。
そのために有効なのが善玉菌を増やすこととされているわけですから、この点は勘違いしないようにしましょう。

 

 

腸内の悪玉菌はどうすれば減らせる?

腸内の環境をきれいに保つためには、悪玉菌を減らすことと、腸の運動を活発化させる善玉菌を増やすことが大切です。
そのためには、悪玉菌の繁殖のもとにもなるタンパク質を抑えることが重要になります。
しかしタンパク質を全くとらないとなると、代謝機能が低下してしまい、他の部分で支障をきたすことにつながります。
そこで、悪玉菌を増やすほどのたくさんの量のタンパク質を摂取しなければよい、ということになります。
また、タンパク質とともに余分な脂肪を摂取してしまうと、腸内の腐敗がすすむ原因となり、癌への危険性が増してしまいます。
悪玉菌を減らすことに成功したら、そこで善玉菌の勢いを拡大させて、善玉菌を増やしましょう。
善玉菌を増やすのに有効なものがオリゴ糖です。オリゴ糖はごぼうなどの野菜に多く含まれています。
胃で分解されることなく大腸まで届く成分であるため、善玉菌を活発化させることができます。
そして善玉菌を増やすために有効なのが、乳酸菌です。乳酸菌は主に発酵食品に多く含まれています。
善玉菌を増やし悪玉菌を減らすためには、食事の改善、オリゴ糖や乳酸菌の摂取がポイントとなるので、場合によってはサプリメントを上手に活用できるとよいでしょう。

 

 

腸内に溜まると便秘になるの?

悪玉菌が腸内に溜まると良くないことは知られていますが、何がダメなのでしょう。
悪玉菌は腸内に届く食べかすをどんどん腐敗させていきます。
本来そんなに腐敗が進む場所ではないので、ここでそうなると臭くて嫌なガスが大量に発生します。
これは体にとても有毒なガスで、老化を早める原因にもなるんです。
どうしてそんなことになるかというと、あまりにもタンパク質などの分解が早く進むと腹部に臭いガスが溜まり、腹痛などが起きます。
便そのものが腐敗で臭くなって腸の中の蠕動(ぜんどう)運動が鈍くなり、便秘になりやすくなります。
通常排便するためには、腸の中でリズミカルに蠕動と呼ばれる運動が行われます。
これは、ぶっちゃけミミズのように腸の筋肉がクネクネ動いて波を起こすわけです。
これによって腸内で筋肉が収縮して、食道から直腸まで食べかすを運んでくれます。
悪玉菌によってこのプロセスがうまく作用しなくなると、肛門からウンコを出したいというシグナルが出せなくなるので、排便されないイコール便秘になり、身体中に毒素が駆け巡ることになります。
便秘になると有毒物質やガスは血液の中に入り込みますから、皮膚の毛穴や汗腺から出るとキツイ体臭になります。
汗腺から出ると毒素が直接皮膚にダメージを与えるので、お肌が荒れて老化へまっしぐらになるというわけです。

 

 

便秘対策を考える

悪玉菌と便秘には関係性があります。
便秘で困ったことになっているのなら、何らかの対策を取ることが大切です。
こちらのサイトでは便秘を解消するにはどんなお茶を飲めばいいのかを教えてくれています。
便秘を解消するにはどんなお茶を飲めばいい
便秘のお茶というものを知っていますか?もし知らなければ、参考になるかもしれませんので、そういう情報が載っているウェブサイトを訪問してみることをオススメします。